ジュニアバドミントン倶楽部の奮闘記

新規設立のジュニアバドミントンクラブの日常と子供たちの成長ぶり

検索
試合の情報や結果、クラブの交流など
沢山の情報・ご指導をお待ちしてます
ジュニアバドミントンクラブ鶴谷
(JBC鶴谷)大分県佐伯市
リンク用バナーb0085.jpg
 バドミントンラケットの事なら  ラケットプラザへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽しさ。
バドミントンに限らず、勉強や遊びも
一生懸命取組む事で、楽しさを感じるんですよね。
その結果として、成果や良い成績を残せた時には、更に楽しくなる。
全てにおいて、いい加減にダラダラしていては、楽しさを感じる事はできない。

今、高校総体が開催されています。
この時期になると、きっと 長男の高校時代を思い出します。
ジュニアからバドミントンを続けていた息子ですが、
引越しにより、バドミントン部のない学校での中学時代を過しました。
当時、唯一あったジュニアクラブに所属したものの、活動は週に1回・・・・
全然物足りなかったと思います。
親として、どうにかしてやりたい・・・
と思うものの、地域性や親の都合で、どうにもしてあげられなかった。
やる気があっても、一生懸命取組めない環境が、本来のバドミントンの楽しさを奪い、中学時代の後半をなんとなく過していた息子。不憫でした。

その後、地元の高校に進学。その高校にはバドミントン部がありました。でも、市内の中学校にバド部がないのですから、入部した他のメンバーは初心者です。
しかし、当時の高校三年生の先輩!!は、熱かった
練習熱心で、部活以外にも大人のクラブへ練習に行ったり・・・・
入学前から顔見知りだった息子も、先輩方に可愛がられ
それはそれは、“水を得た魚”のごとく バドに励んでいました。
高校でもう一度、バドミントンの楽しさを取り戻したようです。
その姿を見ていると、私達まで嬉しくなりました

この間・・・・ジュニアのお母さんからのメールの中に、
「○○(子供)は、あまり上手ではありませんが、バドミントンが楽しいと言ってます。」
とありました。とても、嬉しかったです
上手・下手ではありません。その子が楽しいと思えるのは、一生懸命取組んでいるからなんですよね。
練習でキツイ事もあるでしょう。声が小さいと言って余分に走らされる事もあるでしょう。でも、頑張ってる。その姿勢は見ていてよくわかります。
まだまだクラブとして、充分ではない所もありますが、
せっかく一生懸命できる環境があるんです。
それをムダにしないで下さい。
『バドミントンは楽しい』と思えるように、一生懸命取組んで下さい。

PS:監督も老体にムチ打って バドミントンの楽しさを味わってますよ



↓良かったら、ポチッと押してくださいネ。
にほんブログ村 その他スポーツブログへ
スポンサーサイト

テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://turuyabad.blog106.fc2.com/tb.php/89-aceb1561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。