ジュニアバドミントン倶楽部の奮闘記

新規設立のジュニアバドミントンクラブの日常と子供たちの成長ぶり

検索
試合の情報や結果、クラブの交流など
沢山の情報・ご指導をお待ちしてます
ジュニアバドミントンクラブ鶴谷
(JBC鶴谷)大分県佐伯市
リンク用バナーb0085.jpg
 バドミントンラケットの事なら  ラケットプラザへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メンタル面の指導強化!
中体連のバドミントン大会も終わり、暑い中、多少落ち着いて

練習ができる時期です。次は、8月中旬に行なわれる

「小中学生交流練習会」に向けての練習になります。

他県からジュニアクラブの指導者を招いての練習会です。

我がクラブからも中学生と小学生のほぼ全部員が参加します。

子供達のレベルにあわせてパート分けをして、それぞれの

レベルにあった練習方法で指導してくれます。

技術面とメンタル面の両方を指導してくださるようで

私達指導者も楽しみにしています。

小学生は、9月に行なわれる「全国小学生大会」の県予選に

向けての練習が始まりますので、今回の交流会は良い勉強になると

思います。特に、メンタル面をしっかり指導していきたいと思います。
スポンサーサイト
中体連バドミントン県大会(2)
昨日から始まった中体連バドミントン県大会。

今日は、シングルスとダブルスの2回戦以降の試合がありました。

昨日の1回戦をファイナルで勝利した我がジュニアクラブ

ダブルスペア。

今日の2回戦の相手は第4シードのペア。う~ん、厳しい

善戦空しく、16-21・14-21で完敗!まあ仕方ないです。

それでも、2人ともシャトルに喰らいついて頑張りました。

正直、もう少し接戦になるかな?とは思ったんですが、

やっぱり精神的な弱さが出てしまいました。2セット目は、

ほとんどが自分達のミスからの失点でした。

それと、2人とも動きが鈍い!身体が重い!

2人の弱点がまたまたはっきりと出た試合でした。

明日からは、メンタル面と下半身強化(フットワーク)を重点的に

鍛えようかな!そして、来年は3回戦進出を目指します!




中体連バドミントン県大会
今日から、中体連のバドミントン県大会が始まりました。

今日が団体戦と個人戦の1回戦。

我がジュニアクラブからは女子ダブルスの1ペアが参加。

1年生だった去年は1回戦で敗退。今年の目標は1回戦突破!

相手は同じ2年生ペア。力の差は・・・・どっこいどっこいかな!

結果は、21-14・15-21・28-26で勝利

ファイナルセットは、シーソーゲームで、もうドキドキでした

でも、本人達も接戦に勝てて、少し自信が付いたようです。

明日は、初戦が第4シードとの対戦です。ちょっとキツイけど

精一杯頑張ってほしいです。


20070726173035.jpg
 

20070726173510.jpg

単純な練習だけど、基礎・基本が大切なんだよ!
ここ数日の暑さにも負けず、ジュニアバドミントン倶楽部

子供達は頑張って練習しています。

少しづつではありますが、確実に成長している子供達をみて

本当に嬉しく思います。

土曜日の練習で、初心者級の子供達に「素振り」をさせました。

案の定すぐに飽きてきて、いい加減な振り方に!

その後、素振りをしていた子供達を集めて「基礎・基本の大切さ」を

解りやすく説明し理解してもらいました。

「なぜこの練習が必要なのか?」「どうしてこうするのか?」と

いう事が解らずに練習すれば子供達も苦痛になるし飽きるものです

から。逆に、納得しての練習には一生懸命になりますよね。

暑い日々、今は無理をさせず健康管理と規則正しい生活を

するように指導しています。

そして、最近めっきり腹回りに脂肪の付いてきたコーチは

ジュニアの子供達以上にトレーニングをしないと!



<人気タレントRIKACOさんがプロデュースした大人気商品>


指導の難しさを痛感!
今更ながら、ジュニアクラブの指導の難しさを痛感してます。

昨日の練習での事。我がジュニアクラブの部員は11名。
上は中学2年生から下は小学校3年生までで、当然体力的にも
精神的にも個々に差はあります。中学生や小学校高学年の子供と
低学年の子供への練習内容や方法も考慮しています。

昨日の練習中、ちょうどノックをしていました。
すると、5年生の部員2人が「練習がキツイ!」「出来ない!」と
言ってきました。確かに今までより多少スピードのあるノックだった
のですが・・・・・。同学年や6年生の部員に「練習キツイ?」と
聞いても「大丈夫」「ちょうどいい」などの返事。
「もう1回頑張ってやってみよう」と再度ノックをやってみましたが
やっぱり「キツイ!」。結局2人には別メニューでの指導をしました。

2人は、確かに体も細く小柄なのですが、「がんばろう!」と言う
気持ちは人一倍ある子供達でしたので、私も「大丈夫」と思い込んで
いました。子供からの「キツイ」と言う合図が無かったら、2人には
無理をさせて身体を壊してしまう所でした。

指導者である以上子供の「頑張る!」と言う気持ちも大切にするべき
ですが、それ以上に1人1人が「無理をしていないか?」「体調はどう
か?」などもっと健康面での細かい気配りをするべきでした。
今回は大事には至りませんでしたが、ひとつ間違えば、
この夏の暑い最中、子供達も倒れていたかもしれません。

本当に、反省させられた1日でした。そして、ジュニアの指導の
難しさを改めて痛感した1日でした!
バドミントンが大好きな子供達のために、もっと精進します!



20070703095510.jpg

中体連県大会に向けてラストスパート!
来週末は、中体連のバドミントンの県大会です。

我がジュニアクラブの中学生コンビもいよいよラスト

スパートです。と言いたいのですが、これがまた「ポヤ~ン」と

していて。やる気があるのか無いのか?

本人達は「やる気あります!」と言ってるので・・期待します。

台風の影響で練習が出来なかった分、子供達は家で自主トレを

やっています(?)。日々の努力が大切だという事が少しずつ

解ってくれてきたようです

さあ今日も夕方から練習! ラストスパートだ!!!



大型台風接近で、ジュニアクラブの練習も中止!
九州地方は、大型台風の接近により大荒れの天気となっています。

今も、外は大雨とともに風も強くなってきています。

折角のジュニアクラブの練習も明日は中止になりました。

予定では、明日は隣の街のジュニアクラブへ遠征して

合同でのバドミントンの練習を計画していたのですが・・。

こればかりは仕方ないですね

明日の午前中には暴風域に入り、予報では今夜から明日夕方までに

600ミリから800ミリの大雨らしいですから。

もうすぐ中体連の試合のある中学生ペアには残念でした!!

明日は、私達監督コーチもしばしの休息日です



20070713223738.jpg我家の側の港です。普段は穏やかな港ですが、今夜から明日にかけては大時化になるでしょう。
特に、今は大潮の時期で、明日の朝は満潮になります。 もしかしたら
我家も浸水するかも・・・・不安です!
ジュニアバドミントン倶楽部父母会
昨夜は、ジュニアバドミントン倶楽部の第1回の父母会を

開きました。全員の父兄の方が主席していただき、倶楽部の運営や

練習日等に関して、色々な意見をいただきました。

父兄が一番倶楽部に望んでいる事は、やはり「忍耐」「努力」「元気」

「集団生活」などでした。当然、バドミントンの技術の向上や

「勝つ喜び」も望んでいますが、「心(ハート)」を重要視する

父兄が思った以上に多い事も分かりました。

私達指導者も、第1に「心のしつけ」を重視しているので・・・・。

これで子供達のバドミントン技術もグ~ンと向上してくれたら

本当に理想的なんですけどね!!

まだまだ倶楽部の歴史もようやく始まったばかりなので、

これから指導者・父兄・子供達の全員で頑張っていきます。

このブログへ訪問してくださった方、指導方法に関する経験や

意見などありましたら是非ご指導ください。


20070712091633.jpg



試合明けの練習。子供達との約束!
通常のジュニアクラブの練習日の水曜日が体育館が取れず、

試合明けの月曜日に急きょ練習を入れたけど、やっぱり思っていた

通り、子供達の動きがいまいち鈍い

まあ、昨日の疲れもあって仕方ないけど。

練習前に、日曜日の試合の感想を子供達一人ひとりに尋ねました。

全員が感じた事は「やっぱりまだ動けない」と言うこと。

確かにその通りだね!

と言う事で、フットワークを中心に指導。

通常より少し軽めのメニューでしたが、結構きつそうでした!

焦らず元気に頑張ろう!!!

今日は、子供達と約束事をしました。それは・・・・・・・

「練習日以外に、いろんな事はしなくていい。その代わり、何か

一つでいいから努力をしてみよう。自分で何をするか決めたら

毎日必ず実行しよう。素振りでもランニングでも縄跳びでもいいから

自分で決めて絶対に毎日実行しよう」です。

簡単そうで大変な努力が必要です。

さあ、子供達がどこまで自分でやれるか・・・楽しみです

市内バドミントン大会
日曜日は、市内のバドミントン大会でした。

社会人からジュニアまでの試合で、我がジュニアクラブからは

小学生3ペアと中学生1ペアが出場。

市の大会といっても田舎のため、出場選手はジュニアで12ペア

中学生は一般の部のCクラスで9ペアが出場してました。

   結果は・・・・・・・

 小学生ペアが優勝と3位、

  
   中学生が準優勝


結果には満足ですが、まだまだこの周辺のバドミントンレベルは

低いので余り喜べません。

それでも、子供達はよく頑張りました。

指導者として一番嬉しかったのは、勝てた事よりも全員が元気に

声を出して試合をしていた事です。

今まで黙ってプレーしてた子供達が、元気に声を出してプレーした

事が本当に嬉しかったです。「元気をだして、声を出して!」

の指導が、少しずつ子供達に伝わってきたのかな!
20070709152030.jpg

がんばれK平君!
日曜日の試合に向けて、今日はダブルスの練習を中心にした

メニュー。試合には、小学生2ペア・中学生1ペアが出場します。

ランニング・アップ・フットワーク・クロスダッシュ・ノック・

試合形式のダブルス。少しずつ、子供達の動きも良くなってきてます。

日曜日の試合は、小さな市の大会なので参加者は余り多くはないけど

やっぱり新設ジュニアクラブとしての最初の試合。

監督コーチを含め、みんな気合が入ってます。

そんな練習の中、小学3年のK平がコートの横で大の字に!

「どうした?」と聞くと「僕も試合したい!」。

「まともに打てないのに出れないよ。サーブもうてないでしょ!」

「でも、試合したいもん!僕だってできるもん!」

こんな会話が続き、最後は「ばかたれ~!練習せ~い!」。

その後、延々と「基礎・基本」の大切さを話して聞かせ

ようやく「分かりました。ごめんなさい」と納得。

可愛そうだけど、今が一番大切な時期だから!!!

秋の大会には、頑張って出場しようね!

今は、バドミントンが大好きなK平君です!



20070705091614.jpg

指導者の苦労・楽しみ
ようやく軌道に乗り始めたジュニアバドミントンクラブ

何度か子供達に指導していて思った事・・・それは。

正直「バドミントン」って、他のスポーツと比べて

誰でもすぐに出来て、楽しくて、面白くて、きつくなくて・・・・

と言うイメージがあるようです。

そう、昔から公園や広場で家族や恋人同士がワイワイ言いながら

楽しく出来るスポーツ!

ジュニアクラブに入部してくる子供達(当然親も)の多くが

遊び感覚(みんなでワイワイ)でいるんです。

だから、きつい練習(ランニング・フットワークなど)の事なんか

考えてもいない。そうなんです、バドミントンでは無く「羽根打ち」

なんです。

多くの親と子供達が、初めて練習を見学した時は、必ず「えっ、こん

なにハードなの?」「バドミントンってこんなに凄いの?」とびっくり

してますね。バドミントン競技がまだまだマイナーなスポーツだから

なのかも知れませんね。

そんな感覚の子供達を指導していくのは、確かに大変です。

でも、最初は「きつい」「嫌だ」と文句ばかり言っていた子供達が

初めて試合に勝てた時の笑顔やうれし涙は、決して忘れられません!


20070703095510.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。